FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  政治  »  『みんなの党・江田幹事長更迭に失望した人は多いのではないか』というお話 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『みんなの党・江田幹事長更迭に失望した人は多いのではないか』というお話

★珍蔵:
先日、みんなの渡辺代表が江田幹事長を更迭した。
この件は正直言ってがっかりした。今の安倍政権は期待通りよくやっていると思うが、やはり野党がキチンとしていない国の政治は正常とは言えない。

■万吉:
党の数がやたらに多くなった野党が、前回の選挙で整理された。その中で議席を伸ばしたのがみんなの党と維新だ。双方とも内紛を抱えているが、維新より先にみんなの党が割れてしまった感じは拭えないな。

★珍蔵:
渡辺よしみ代表は江田幹事長を切るとき「使い古しのカスを一掃する」と言ったらしい。組織の代表が言う言葉だろうか。みんなの党は組織としては未熟で、それは代表のワンマンぶりにも良く出ている。大きな組織としての自覚が代表に無いことがこの言葉で良く分かった。

■万吉:
みんなの党は完全に渡辺よしみの私党と化したと思う。これで有権者はかなり離れただろう。まともで有能な江田さんがいたからこそ、どうにかもっていたのだがこれでもうダメではないか。

★珍蔵:
渡辺よしみ代表自体何をやりたいのかさっぱりわからない。とにかく何を言っても官僚攻撃一本やりだ。以前、官僚によほど嫌な思いをさせられ、その怨念で政治をやっている様に見える。どこかの国と同じだな。

■万吉:
父親は物の道理が良く分かった一流の現実的政治家だったが、息子は、顔は似ているがポピュリズムにおもねるだけの政治家に見える。彼がどうなろうと構わないが、みんなの党の議員に相当数いる優秀な議員と議員候補が可哀そうになる。MBAを取得して一流外資で高給を取っていたようなエリートがたくさんいる。

別に渡辺よしみ代表が好きなわけではなく、自民党に入りたくとも公認枠がないから、みんなの党とか維新のような胡散臭いところから出るしかない。中選挙区の時代なら同じ選挙区でも自民党から複数擁立できたが、小選挙区では現職がしっかり地盤を固めてしまっているので、新参が入り込む余地がない。

先日、河野洋平のインタビューが朝日新聞に大々的に掲載されていたが、自民党総裁時代に非自民連立政権の細川首相と手を結んで導入した小選挙区制度は失敗だったと総括していた。今ごろになって何を言っているのか。勘弁してくれ、と言いたいところだ。大衆のルサンチマンを扇動する政治家を持ち上げるとツケを払うのは国民だ。

★珍蔵:
今の自民党に対抗する為には、野党は何らかの存在感を示さなければならないが、違う意味で存在感を示してしまったな。本当に残念だ。






↓クリックお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ    
スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。