HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  雑談  »  『皆が利用するモノを一生懸命作る人が報われない社会』というお話 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『皆が利用するモノを一生懸命作る人が報われない社会』というお話

★珍蔵 :
先日、米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEOがワシントン・ポストを2億5000万ドル(約250億円)で買収すると新聞に出ていた。

■万吉:
ベゾス氏は新聞発行やウェブサイトの運営事業などを個人で買収する様だな。ポスト紙の編集幹部らは留任し、新聞編集などに携わる約2000人の社員も解雇しない予定だという。ポスト社は不振の新聞事業から撤退し、教育や放送関連に経営資源を集中させるという噂もあったのだが。

★珍蔵:
しかし、ワシントンポストが生きられないなら、他に生きていける新聞がアメリカにあるのか?

■万吉:
唯一生き残るとされているのが、経済専門紙のウォールストリートジャーナルと言われている。電子版の有料会員数が軽く百万を突破し、さらに伸び続けている。紙の新聞も200万を維持しており、大衆紙のUSATODAYを抜いて全米トップになった。アメリカ国内だけでなく世界中の国々で読まれるから、ここだけは安泰だろう。

★珍蔵:
まあとにかくIT長者というのは凄いものだな。Amazonという会社は数年前まではただのネット本屋だったのに。GoogleやAppleが狙ってる様だが、この先数年でTVのあり方も劇的に変わるだろうな。

■万吉:
先日、アメリカで牛の筋肉組織の幹細胞を培養して作った人工肉のハンバーグの記者会見があり、試食された。脂分が無いため、味は物足りなかったらしいが将来性は十分だ。食肉生産は2030年には3億7000トンになるが、需要は遥かに上回るという。ところで、この試作には3300万円かかっているが、この金を出したのはGoogleの創始者、セルゲイ・ブリンだ。

★珍蔵:
AmazonといいGoogleといい、億万長者になり金が有り余ると色々な事をやり出すものだな。景気のいい話だ。

■万吉:
一方でモノを作っている会社は、経営に関して良い話を聞かなくなった。シャープなどはその代表格だな。最近では、サムソンで中堅の技術者がどんどん辞めていっているという噂を聞いた。スマホや液晶だけでは優位性を保てないと気付いているのかもしれない。

★珍蔵:
革新的技術は競争が激しく進化するスピードが速いから、逆に革新的な技術を持ったモノの値段が低下する、という妙な現象が起きている。いくらインフレ目標を設定しても技術の進歩の方が早いので、特に家電とかスマホとかのモノの値段が上がるとは考えにくい。 家電メーカーはますます苦しくなるだろうな。

たった一つのインターネット検索技術を作った企業の方が、我々が最も利用している家電を一生懸命作っている企業の何百倍も儲けるなど、この世界の「経済仕組み」というものは何処かがおかしい。何か狂っている。
まあ僕自身がモノを作る側だから、そう思うのかもしれないがね。

■万吉:
資本主義社会においては、代替不能なものをマーケットに供給できれば圧倒的な果実を獲得できる。いくら優れていても、他に似た様なものがあるモノはダメだ。それはモノだけではなく、サービスもだ。むしろ現代ではサービス、ソフト等の方が果実が大きいかもしれない。

例えば資本主義以前の社会では、とんでもなく走るのが速かったり人並み外れて殴りあいが強かったり、あるいは病気に効く薬草を発見したり超便利な道具を作っても、「あいつすげえ」と部族社会ないしは共同体の内部で賞賛を受けるにとどまったが、この社会では大富豪になれる可能性がある。まあ我々の世界はそういう仕組みになっている、ということだよ。




↓クリックお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ    
スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。