HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  雑談  »  『過激な環境保護団体は「文化は相対的なものであり価値に上下はない」という常識に欠けている』というお話 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『過激な環境保護団体は「文化は相対的なものであり価値に上下はない」という常識に欠けている』というお話

★珍蔵:
先日、ロシア北西部バレンツ海で建設中の海上石油掘削基地に無断侵入し、油田開発への抗議活動を展開したグリーンピースの活動家30人をロシア当局が「海賊行為」の罪で起訴した問題で、ロシアの裁判所は船長ら計3人の保釈を認めない決定を下したというニュースがあった。起訴された30人は18カ国から集まっているとあって、当該国からメンバーの釈放や抗議船の差し押さえ解除を求める声が出ている。捕まった指導者は米国人ということもあり、ヒラリー・クリントン米前国務長官も先月の英国王立国際問題研究所でのあいさつで、「ロシアの一連の対応は国際的にさらなる強い非難を巻き起こすだろう」と警告した様だ。

しかし、そこはさすがプーチン様だな。国際摩擦などは全く気にしない。ロシアの法を犯した者は厳罰に処すという態度を変える意思はないようだ。

■万吉:
「美味しんぼ」の原作者・雁屋哲は、かねてからグリーンピースはカルト団体だと主張し「美味しんぼ」でも取り上げて彼らの欺瞞を攻撃した。実際、彼らの主張は白人優位思想に基づく鼻持ちならない「差別意識」が根底にある。日本でグリーンピースに対する反感が強いのは、雁屋哲の貢献も高いと思う。コミックスは強力なツールだ。この人は東大で量子力学を研究していた異色の経歴を持っている。

★珍蔵:
昨年だったか、シーシェパードの代表もフランクフルトで逮捕された。10年前のコスタリカにおけるサメ猟妨害の件だそうだが、背景には地中海で盛んに行われているマグロ猟への妨害があるようだ。マグロはスペインやイタリアとか、地中海沿岸諸国の貴重な収入源だ。しかし外国の連中は、自分達の利権を妨害されると有無をも言わせない素早い対処をするものだな。

このニュースに対してニュースステーションの解説委員が、「一つの正義ばかりを主張して周りが見えていない。その正義を力で持って行くやり方はおかしい」とシーシェパードを批判していた。確かにその通りなのだが、一つの正義を振りかざしているのは君達も同じだろう、と思ったよ。

■万吉:
まずこの様な問題をテレビで論ずるには、過激な行動に走る環境保護団体や自然愛護団体の本質は「利権団体である」という実態をきちんと伝えなければあかんと思うね。派手なパフォーマンスで注目を集め、多額の寄付を募って自分たちの懐に入れる手口の詐欺まがいの連中であることは、もはや広く知られているところだ。

★珍蔵:
「正義」などという概念を不用意に用いるのは、文化の異なる民族の相互不信を煽ろうと目論む連中の仕掛けにむざむざと乗ってしまうことになる危うさを感じるな。

■万吉:
彼らの行動は、「異教徒どもは人間ではない」と盲信しているキリスト教文化圏のB層に対するアピールプレーにすぎないからな。キリスト教徒であろうと何であろうと、まともな知能を持っている人間なら「文化は相対的なものであり、価値に上下はない」ということくらい常識的に分かっているはずだ。

★珍蔵:
ロシアは彼らに禁固15年程度を言い渡すだろう、とニュースが伝えていた。しかしロシア当局が今回行った措置については、陰ながら拍手している国や団体は多いだろうな。





↓クリックお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ    



スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。