FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  サッカー  »  サッカーワールドカップ放映権の高騰 【スカパーは本当に中継をあきらめるのか?】 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーワールドカップ放映権の高騰 【スカパーは本当に中継をあきらめるのか?】

■万吉:
FIFAがワールドールドカップの放映権料をふっかけるので、各国のテレビ局が頭を抱えているらしい。今世紀に入ってからの高騰は凄まじく、まさにぼったくり状態のようだ。代替の効かないイベントだから一方的な売り手市場になり、FIFAの言い値がまかり通る。日本においては、もし民放が撤退して受信料を強制徴収しているNHKがバカ高い放映権料を支払ったとしたら、それはそれで納得いかない話だな。

★珍蔵:
先日、スカパーがブラジルW杯放映権をあきらめたらしい、とニュースで読んだ。W杯は世界で延べ400億人の視聴者を持つ世界最大規模のスポーツビジネス最高の舞台だが、放映権料が年々バカみたいに高騰している。

ネットで調べたところ、日本代表が初出場した98年のフランス大会の時では世界全体で約110億円だったが、06年のドイツ大会は約1600億円、10年の南アフリカ大会では約2700億円と一気に跳ね上がった様だ。日本では高騰する放映権対策のため、02年の日韓大会以降、NHKと民放でつくる『ジャパン・コンソーシアム(JC)』が電通から放映権を購入し放送してきた。南アフリカ大会では、JCに提示された金額は250億円。6億円だったフランス大会のなんと40倍だ!

■万吉:
やはりPPV(番組単位の有料テレビ)などが発達して、世界中の人が手軽に見る事が出来るようになった事が高騰に拍車をかけているのだろう。先日行われたフロイト・メイウエザー対アルバレスのボクシングと同じだ。メイウエザーのファイトマネーが30億とも40億ともいわれているからな。ひと昔前では考えられなかった値段だ。TVやネットというメディアがなければそれほどの高騰はありえなかったのではないか。

★珍蔵:
日本において、このバカ高い放映権料を支えてきたのが「スカパー」だ。南アフリカ大会でも、日本に提示された250億円のうち、100億円近くを支払ったとみられている。まあスカパーは有料放送だからな。直接の収支は計算し易いだろう。仮にスカパーが放映をやめればJCを構成する各テレビ局の負担が増すのは確実だ。

■万吉:
しかし、見る方にしてみれば、NHKだけでも十分なのではないか?

★珍蔵:
スカパーの良いところは、全試合中継され、しかも何回も再放送をやるところだ。また民放と違い、頓珍漢なアナウンサーが中継をやることもないし、サッカー協会に気を使ったまどろっこしい解説もない。グループリーグの予想討論会や試合の見所、出場国の紹介など、ファン好みの面白い特集番組も多く気分も盛り上がる。

スカパーは「金銭交渉がまとまらず、今のところ我々に放映権はないのは事実ですが、交渉が再開されれば分かりません」と含みを持たせている。これは諦めるふりをしているだけの値段交渉の戦略だろうと信じているのだが、なんせブラジル大会は400億円といわれているからな。有料コンテンツとはいえこれはないだろう、という値段だ。世界の放送局が結託して高騰を抑えることはできないものかね。キリがないよ。

■万吉:
世界でたった1つしかないお宝コンテンツを握っているFIFAとガチンコで対等交渉するには、確かに世界中のメディアが結託するくらいしかなさそうだ。尚且つ、「交渉がまとまらなければ放送しなくとも構わない」という本気の覚悟が各メディアには必要だろう。

先日の米デフォルト問題で、米共和党が圧倒的な権限を持つ大統領をあそこまで追い詰めることができたのも、共和党議員の中に「オバマの思い通りになるくらいだったらデフォルトになったほうがよい」と心底から考えているビリーバーがいる為にあのチキンレースに迫真性を帯びさせている。

しかし放映料問題で対立図式が成立したとしても、老練なFIFAの切り崩しで抜け駆けするメディアが続出するだろうから勝負にならないかもしれないな。なかなか難しい展開になりそうだ。

★珍蔵:
前回南アフリカ大会の時は、見られない試合は全てスカパーで録画した。W杯期間は一ヶ月程度だが、録画したのを全て見るのに約半年かかった。要するに半年間は楽しめた。正直、僕なら1万を超えてもPPVを買うだろうな。高い高いと文句を言いつつも。まあ僕みたいのがいるから、FIFAも足元をみるのだろうけどね。





↓クリックお願い!
にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ   
スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。