FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  政治経済  »  山本太郎参議院議員、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡す 【最近稀に見る不愉快なニュース】 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本太郎参議院議員、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡す 【最近稀に見る不愉快なニュース】

★珍蔵:
秋の園遊会で山本太郎が天皇陛下に手紙を渡して非難されている。まあ当然だな。こういう会で政治的行動をとるとは常識を逸脱している。普通の人ならそのことが分かるはずなのに。天皇陛下に福島の現状を知ってもらいたかった、などと言っているようだが、天皇陛下は福島に何回も行っている。失礼な話だ。国が国ならその場で逮捕だろう。

■万吉:
天皇直訴といえば足尾鉱毒事件の「田中正造」が連想されるが、ネットで即刻比較されたので「田中正造」の知名度が上がったことだろう。

★珍蔵:
しかし、ネットの威力というのはすごいものだ。ひと昔前までは図書館などにわざわざ行って調べなければわからなかった色々な知識を瞬時に得る事が出来る。僕は「田中正造」の事をよく知らなかったが、あっという間に検索できた。タブレットやスマホの普及とともに平均的な基礎教養力も上昇していく様だ。

■万吉:
ネットで指摘されているように、田中翁は死を覚悟して直訴を決意したが、山本太郎先生は随分と軽い。軽すぎて比較にならない。太郎先生の軽挙な不敬妄動に対して天誅を決行されても全然不自然ではない。この太郎先生の覚悟を感じさせない軽さが、日本の文化で戦後教育がいかに日本の歴史と伝統を破壊したかを如実に示している。

本来、山本太郎先生を支援する「中核派」の理論である反帝反スタの革命理論は、当然の如く天皇制を打倒すべき対象と規定しており、直訴をもって政治的要求を達成しようとすることは「天皇制をアプリオリ」に容認するものだろう。従って、太郎先生の行為は支持者から批判されるべきものだ。

★珍蔵:
恐らくそんなことは分からないし考えてもいないだろう。話題を振りまくために誰かの入れ知恵でやったのかもしれない。彼は異常な被害妄想のタレントの域を出ていない。やっぱり、教育のない民主主義はダメだな。太郎先生には「思いが募って」目的の為には手段を選ばないという危うさが見え隠れする。

■万吉:
しかし、そういう人物を代表として選択してしまった選挙民に最大の責任がある、という事になるだろうな。彼は今後も忘れた頃にこういう愚行を繰り返し、自分の存在感をアピールしていくだろう。困ったものだ。

★珍蔵:
それにしても、福島原発について事故直後は技術的な側面について怒涛の報道がされていたが、最近は山本なにがしがどうしたとか、小泉さんがこう言ったとか東電の経営とか周縁部分ばかりがクローズアップされている。燃料棒の取りだし作業が近く始まるということだが、非常に危険な作業のようだ。本来、このようなニュースの方が何倍も重要のはずだけどな。






↓クリックお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ    





スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。