HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  政治経済  »  『小泉元総理の「脱原発」は、思い付きにすぎないのだろうか』というお話 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『小泉元総理の「脱原発」は、思い付きにすぎないのだろうか』というお話

★珍蔵:
小泉元総理の原発ゼロ発言は新聞、マスコミや世論を二分している。

・原発ゼロ―最後は国民の意志だ - 朝日新聞
・原発「即時ゼロ」に当惑=小泉発言、当面静観-政府・自民 - 時事通信
・小泉元首相の会見要旨 原発推進の方が無責任 - 東京新聞
・小泉氏のゼロ論 原発問題の核心ついた|小泉氏の原発論 首相は耳傾け決断を - 毎日新聞
・小泉元首相発言 「原発ゼロ」掲げる見識を疑う - 読売新聞
・小泉会見 「原発即ゼロ」は無責任だ - 産経新聞

小泉さんの講演を聞いたことがあるが、話が面白く惹きつけられる。やはり只者ではないと思った。それはともかく、原発ゼロで今の状態が保てるならそれが一番良いわけだが、小泉さんの言い方は「止めても何とかなる」みたいな感じなので、大多数の日本人はわけも分からず小泉さんに賛成だろう。これは政府がキチンとした原発に関するロードマップを未だに提示しない、あるいは、今、原発が全て停止しているのに何故電気が足りているのかの説明がない、また、今の状態(原発再稼働なし)が続くと電気はどうなるのか、などを示していないのが要因だと思う。

■万吉:
しかし、ロードマップといっても、専門家ですら見解が両極に分かれる技術論では混乱するばかりだから、わかりやすい脱原発時の経済や社会生活への影響をイメージさせるほうが議論が建設的になると思う。

ところで小泉純一郎の唐突な「反原発発言」は、化石燃料の市場価値を維持したいオイルメジャーの陰謀だとする説を言っている人もいるが、佐藤優氏も深い戦略があると話している。

日本において今後原発がどんどん作られることはほぼ不可能、となれば、早めに原発廃炉技術に磨きをかけることに資源を裂き、世界の巨大な「廃炉ビジネス市場」の先行利得を得るポジションを確保する。主力代替エネルギーは当然火力になるが、そうすると、おりしも本格稼働しはじめるシェールガスを使うことになるのでアメリカ様も喜んでくれる。

しかし左翼勢力が反原発を主張する場合、多くはプルトニウムの核兵器利用阻止がセットだが、小泉先生はその問題には触れていない。で、次の点は佐藤先生の意見ではなく僕の意見なのだが、脱原発の日本が核兵器を持とうとする場合、プルトニウムの供給先は当然アメリカになる。アメリカは日本が自分に黙って勝手に核兵器を所有する事態を怖れているが、そうなれば日本の核兵器をコントロールすることができる。エネルギーと軍事という国家にとっての二大存立基盤をアメリカに握られることによって、日本の属国化が完成するわけだ。小泉先生はつくづくアメリカにとって都合のいい政治家、ということになるな。

★珍蔵:
僕が横須賀に住んでいた頃よく聞いた話は、「小泉さんはしがらみが嫌いな人だ。しかし、何のしがらみもなく総理まで上ったのは凄い」という事だった。利権だ何だの絡みで小泉氏が出てくるとは思えないので、単にトイレなきマンションを推進してはならない、という正義感によるものだろう。そのしがらみのない所が彼の強さでもあると思う。だから彼はそこまで深くは考えていなのではないか。結果的には廃炉ビジネスなど、そういうメリットがあることは確かだが。

■万吉:
言葉が足りなかったが、小泉純一郎先生自身に独自の戦略があるのではなく、アメリカ様が小泉先生を自分の都合のいいように使おうと仕向けたのではないと、いうことだ。小泉先生は深い国家観はなくあまり勉強もしていないので、うまく焚き付ければ乗ってくる。小泉先生に悪気はないのだが。

★珍蔵:
確かにそういった面はあるかもしれない。反原発に転じたきっかけにプルトニウム処理を題材にしたスウェーデンのドキュメンタリー映画があるようだが、もし本当にそうなら、動機としては少々幼稚だな。

◼︎万吉:
彼の政権が推し進めた郵政民営化は、結局のところ財政投融資という日本国家がマーケットに左右されずに、自由に使える財布を欧米金融資本に明け渡すことにしかすぎなかった。今回の反原発騒ぎを見る限り、深い洞察があって民営化政策を推進したわけではい様に思えてしまう。郵政民営化は、郵政利権を握る田中派潰しが理由のひとつだ、などと言われていたが、概ねそれが当たりなのかもしれない。

★珍蔵:
万が一日本が原発をやめても、中国をはじめ世界中で今後もどんどん稼働していくわけだから、地球規模で考えるとあまり意味がない。そもそもエネルギー政策というのは、電力会社や石油メジャー、先に指摘された様な国家の安全保障問題など日本だけではない様々な利権関係が交錯し、建前と本音が全く違う世界なので、そんなに単純に事が運ぶ問題ではない思うのだが、この人が言うと話が上手いので単純に運ぶように思えてしまうな。

■万吉:
やはりどこかの心理学者が指摘したように、小泉純一郎という人間は境界型の自己愛性人格であり、かつてのように表舞台で世間の脚光を浴びたくなるスポットライト症候群が行動の根底にあるのでは、と思えてならない。

その点、息子の進次郎の方は非常な勉強家で論知的思考だ。彼は父親の良いところに加えて、知性とルックスが伴っている。このまま順調に育てば、日本のケネディになる日が来るかもしれないな。





↓クリックお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ    
スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。