FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  雑談  »  『音楽は今後も巨額の富を生み出すコンテンツになりうるのか』というお話 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『音楽は今後も巨額の富を生み出すコンテンツになりうるのか』というお話

★珍蔵:
先日、慈恵医大付属病院で検査を受けた。CTを撮ったのだが、このCTスキャンというのは近代医学に最も貢献した機器であることは言うまでもない。小線源治療という癌治療方法もこれがあるからこそ可能な治療方法だった。

CTスキャンはイギリスのEMI社に所属していた英国人科学者が発明したものだ。名前は忘れたが、のちにノーベル賞を受賞する。意外としられていないが、EMI社に所属していたビートルズの記録的なレコードの売上が、CTスキャナーを含めたEMI社の科学研究資金の供給元だったとも考えられるため、CTスキャナーは「ビートルズによる最も偉大な遺産」とも言われている。

だから僕は、病院の帰りにiPhoneでノルウェーの森やHEY JUDEなどを聞きながら、英国様やビートルズ様に感謝をした次第だ。

■万吉
ビートルズはいろいろな意味で20世紀後半の時代を創ったといえるようだ。ところでヘイジュードはEMIに巨額の利益をもたらしたがレコード会社が消滅しつつある現在、楽曲のもたらす利益はミュージシャンのほかに誰が手にするのだろうか。アップルの独り占めか。

★珍蔵:
配信元は当然大きな分け前をとるだろう。

しかし僕らの世代で言うと、サザンオールスターズの初期ぐらいまではアナログ全盛期で、音楽はヒットするとレコードが売れ、ミュージシャンは皆億万長者になったものだ。しかし今はCDが全く売れない。坂本龍一が以前、「これからは音楽がタダ、すなわちゼロ円の時代になる。でも聴衆はライブには行くから、ライブを含めたコンテンツをいかに売るかが我々ミュージシャンの生きる道だ」等と言っていた。結構昔の話だが、はたしてその通りになりつつある。

■万吉:
CDどころかデジタル・シングルのダウンロード売上も減少しているとメディアに出ていたな。新しい曲はユーチューブ等でタダで画像付きで見られ、しかもそれをダウンロードするただソフトもたくさんあるという。

★珍蔵:
僕の娘たちはCDを買わず、有料ダウンロードもせず、全てネットからタダで聞きたい音楽を入手してiPodに納めているよ。音楽は「所有」からタダでダウンロード、もしくはストリーミングの様な「アクセス」するモノへと変化しているようだ。

■万吉:
しかし「ロード」の大ヒットを飛ばした虎舞竜が言っていたが、彼の曲は未だにカラオケで歌う人が多く、1曲歌われるといくらか入ってくるようで、彼はそれで年間1000万だか2000万は黙っていても入ると豪語していたので、歌が売れるという事はまだまだ巨額な金が動くという事なのだろう。まあ「素人でも歌える歌」限定だが。






↓クリックお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ    

スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。