FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  格闘技  »  日本ボクシング界とボクシングファンを侮辱した亀田大毅のWBA・IBFの王者統一戦 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ボクシング界とボクシングファンを侮辱した亀田大毅のWBA・IBFの王者統一戦

★珍蔵:
先日、亀田大毅はWBA、IBF統一戦で判定負けした。

相手のWBA王者のソリスは試合前日、軽量オーバーで王者を剥奪され、統一戦に水を差した。これはファンをないがしろにする、ボクサーとして最低の行為だ。しかも、二度目の軽量でもクリアすることが出来ず、反省するどころか逆ギレして「金でも何でも払えばいんだろ!」等と言い放ち、目の前で水をガブ飲みした。ソリスは前評判が高かった。本当に強い選手と亀田大毅の試合が見られると期待していたファンが多かっただけに、実に腹立たしい事だ。チケットを買った人はカネを半分返せ、と暴動を起こしてもよいくらいの事だよ。

結局、大毅との体重差は3キロ以上で戦う試合となった。スーパーフライ級のような軽量級で3キロといのは大きなハンディだ。この試合は大毅が勝てばWBAとIBFの王者を手にし、ソリスが勝てば、すでに彼は王者をはく奪されているので、WBAとIBFの王者は空位になるとしていた。

■万吉:
昨夜の結果を見ると軽量オーバーも、あらかじめ仕組まれていた出来レースに含められていた茶番劇の一幕のような気さえしてしまう。どうせ日本ではチャンピオンになれないし、ファイトマネーも変わらない見かけだけのタイトルマッチであれば、計量をオーバーしておいて試合前に負けてしまい、試合で大樹を叩きのめせば自分の商品価値が上がり、今後につながると考えたのではないか。要するに、彼はスーパーフライにはもう興味がなかったのでは。

とにかく、亀田関連はそのようにスッキリしないことだらけで、スポーツの爽快感が欠如している。

★珍蔵:
ところがだ。翌日ネットを見て驚いた。話はソリスの事だけでは治まらなかった。なんと、亀田大毅は負けたのに「IBFの王者を保持したまま」だという。相手が計量で失格になった時点で防衛が成立した、という理屈だ。亀田陣営は試合前から「負けても防衛、王者はそのまま」という事を知っていた様だ。

何度も言うが、試合前は「大毅は負けれは王者剥奪」という事だった。テレビ中継で試合前にハッキリ言っていた。ここまでくると、あいた口がふさがらない。ボクシングのタイトルマッチ、特に統一選とは互いにベルトをかけたギリギリの戦いにファンも酔う。これはボクシング界全体に対する侮辱以外の何物でもない。負けても王者のままなら戦う必要がないではないか。少なくともタイトルをかけない親善試合みたいなものだから、タイトルをかけた王者戦とは興行的にも全く異なるものとなる。カネも取れないだろう。そういう事を事前にはっきりアナウンスせず、ファンから金を取って試合を行うのはハッキリ言って「詐欺」だ。

■万吉:
しかし、ここまで仕組まれていたとすると、亀田がらみの試合はもはやプロレスと変わらないな。

★珍蔵:
いや、もし仕組まれていたとするなら全然プロレス以下だよ。プロレスはもっと面白いし、ファンも納得してみているからな。

■万吉:
TBSは亀田ファミリーに相当な資本を投下しているのだから、引くに引けないというところかもしれない。しかし、いい加減元は取ったろうから、そろそろ手を切る頃合いだろう。

★珍蔵:
徳山がブログで激昂していたが、ボクシング界内部からも亀田憎悪の声が公然と上がりはじめた。このままでは日本で「ボクシング」という存在そのものの価値が低下してしまう。それとも、亀田の背後の闇とズブズブになってしまい抜けるに抜けられないという事なのだろうか。

■万吉:
仕組まれた統一王者マッチといえば、ついに実現しなかった全日のジャイアント馬場と新日のアントニオ猪木の頂上対決を思い出す。これはぜひやっておくべきだった。プロレスは真剣勝負であるというフェイクが通用していた時代だったので、白黒はつけられなかったのだろうが、キチンとしたシナリオを作り七番勝負くらいやって3勝3敗の第7戦は両者ダブルノックアウトという壮絶な幕切れとすれば、お互い傷がつかなかったし面白いものが見られたと思う。

亀田関係者にはどうせシナリオを描くならもっと面白いものをかけ、といいたいね。

★珍蔵:
僕は亀田兄弟を嫌いではなかった。オヤジはどうしようもない親バカだが、やはり3人も世界チャンピオンを排出したのは凄い事だ。テレビ局とのタッグも興行としては有りだと思う。三男はいいボクシングをする。一人のボクシングファンとしては、亀田の三男は見ていきたい選手だ。

しかし、興行としてのボクシングの根本を覆すようなやり方はダメだ。タイトルをかけないアホ試合と試合前にキチンと明言するべきだった。先生の意見の様に、これでは「仕組まれていた」といわれても言い訳ができない。ファンは高い金を払ってベルトをかけたギリギリの戦いを見に来ている。今回、IBFや主催者サイドの不手際もあったのだろうが、ボクシングの事を思うのなら少なくとも大毅が王者を返上するのがファンに対するスジであると思う。そして、この試合の関係者は全てファンに対して土下座すべきだ。ソリスもバンタムに上がってきたら山中にKOで叩き潰してもらいたいものだ。






↓クリックお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ    
スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。