HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  格闘技  »  時珍放談が適当に選ぶ2013年10大ニュース・No.10 【ロンドンオリンピック金メダリスト村田諒太、プロに転向】 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時珍放談が適当に選ぶ2013年10大ニュース・No.10 【ロンドンオリンピック金メダリスト村田諒太、プロに転向】

★珍蔵:
ロンドンオリンピックのボクシングミドル級で金を取った村田諒太は、「アマチュアでボクシング指導者となる」と言ってファンをやきもきさせたが、4月にプロ転向を表明した。2013年7月3日、東京・有明コロシアムにて、東洋太平洋ミドル級王者で日本スーパーウェルター級王者でもある柴田明雄を相手に73kg契約6回戦でデビュー戦を行い、2回2分24秒TKOで圧勝し、プロデビュー戦を飾った。彼はこの勝利で早くも東洋太平洋ミドル級1位、日本ミドル級1位、WBC世界ミドル級19位にランクされ、ファンを喜ばせたな。

■万吉:
あのデビュー戦は鮮烈だった。相手が日本王者ではデビュー戦にしては荷が重いと思ったのだが。相手も村田を倒せば全国区に躍り出るわけで、必死だったろう。しかし、実力差がありすぎた様な内容と結果だった。まあ日本レベルとはいえ、その強さに驚いたと同時に村田がどんな選手に育っていくか楽しみになったな。

★珍蔵:
日本は軽量級天国である。これは日本人の標準体型によるところもあるが、日本では身体の大きなアスリートがボクシングに進むことは稀という事でもあると思う。ミドル級では95年に竹原がWBAの王者に就いたが、半年後にKO負けで王者を陥落している。

世界基準でいうと、人類はこのあたりの身体の大きさが一番多いということなのだろうか。とにかくミドル、ウエルター、ライトのあたりに世界の強豪が集中している。特にミドル級は激戦区で、ゲンナジー・ゴロフキンやピーター・クイリン、セルヒオ・マルチネスなどが君臨している。中でもゴロフキンは現在ミドル級最強と言われており、28戦全勝でなんと25KO。これは驚異的だ。彼はアテネオリンピック銀メダリストで31歳。当分負けそうにもないので、27歳の村田はこのクラスにいる限り彼と戦う運命にあると思う。

■万吉:
そういえば、村田は先日デイブ・ピーターソンという選手とプロ2戦目を戦ったな。8回にTKOで勝った様だが苦戦したみたいだな。

★珍蔵:
確かに最終ラウンドでようやくTKO勝ちを納めたが、村田の弱点を垣間見た試合でもあった。負けたピーターソンは「村田のパンチは重く感じたが、効いたものはなかった。パンチ力というより体全体のパワーが凄かった。そのパワーを使って重心をかけてくるので私のバランスやスタンスが狂わされた」と語っていた。13勝(8KO)1敗のキャリアを持つ27歳のピーターソンは倒れはしなかったが、村田の課題を「ジャブとボディのガード」と言っていた。村田は決してスピードがある方ではないし、ジャブの手数もまだまだ少ない。しかし異様に伸びるストレートと、身体の強さがある。ゴロフキンとタイプがよく似ていると思うが、正直、彼と戦うにはまだまだという感じがした。

■万吉:
そもそも、デビュー2戦目で8回戦を戦うこと自体、無理があると書いたメディアもあったようだが、実際はどうなんだい。

★珍蔵:
村田は、世界的な名プロモーターであるボブ・アラム氏と契約している。彼は過去にミドル級の伝説ボクサーを何人も生み出してきたトップランク社の代表だが、通常、4回戦3試合、6回戦3試合、8回戦3試合を経て、ようやく世界ランカーと対戦させていくのが、基本的な中量級ボクサーの育成システムだという。だからおっしゃる通り、2試合目でいきなり8回戦を戦うことは異例のステップだろう。

「ミドル級というのは、軽量級とは違うものだが、そこがなかなか日本では理解されない。私としても3年もらえればなんとか世界王者にと思うのだが、周囲がそこまで待ってくれそうもない。だから、10試合で世界ランカーと戦えるように、と考えている。次はマカオのイベントだけど8回戦。対戦相手は、またトップランクが指定してくる」と、帝拳ジムの本田明彦代表が語っていた。村田は、世界ベルトに辿り着くまで立ち止まることが許されない苦しさがあるが、そういうものを乗り越え、コロフキンのレベルに上がっていってほしい。

■万吉:
しかし、2013年は村田のみならず日本ボクシング界は大盛況だったな。軽量級では井上という天才も登場し、来年も盛り上がる事だろう。亀田あたりがプロボクシングの価値を下げなければよいがな。






↓クリックお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ    
スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。