HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  サッカー  »  【本田圭佑、ミラン初ゴール!】今日は朝から気分が良い このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本田圭佑、ミラン初ゴール!】今日は朝から気分が良い

今朝起きてニュースを見たら、本田圭佑が昨夜ミラノのホームで行われたイタリア・カップ5回戦のスペツィア戦で初ゴールを決めたシーンが流れていた。

長友がインテルに移籍した時、野球好きの友人に「それはどれほどの事なんだい?」と質問され、「東ティモアあたりで野球をやっていた無名の選手が、いきなりヤンキースのベンチに入った様なものだ。」と多少大げさに答えてやったら、「なるほど、それは凄い事だな。」と納得していた。その長友は、今やインテルにおいてメンバーチェンジの時キャプテンマークを渡される程に成長した。

1998年に中田がペルージャでデビューしたユベントス戦は圧巻だった。当時のユベントスはジダンなどがいて、確か2年連続スクデット獲得という絶対的強者だったが、そのユベントス相手に2点を入れたのだ。リアルタイムで見ていたが、あまりに衝撃的で背筋がぞくぞくし、言葉も出なかった。

本田圭佑は、長友とも中田とも違う。最初からビッグクラブの10番を託された、要するに活躍して当たり前の状況なのだ。いくらミランが衰退しているはいえ、このプレッシャーは計り知れない。

本田は12日、アウエーのサッスオロ戦で後半20分から途中出場し、公式戦デビューを果たした。彼のデビュー戦はまずまずの出来だったとはいえ、ニュース的には相手方の4点を取った若者に全て持ってかれてしまった感があった。

着替えをしながら昨夜行われた試合のダイジェストを見たが、2部チームが相手とはいえ、ゴールしただけではなく、ピッチ上で仲間に厳しい顔で指示したり、フリーキックを蹴ったりと貫禄十分にみえた。やはりミランの10番を日本人が背負っている姿は何度見ても感慨深い。

しかし人間は好調をずっと保つのは不可能だ。運、不運もあるだろう。不調になった時、あるいは不運が重なった時にどういうプレーをするかが注目だ。

それにしても相変わらずミランはバタバタしている。つい先日まで現役選手で、勿論監督経験など全くないセードルフを引退した次の日にミランの監督にするという、相変わらずハチャメチャなベルルスコーニの監督人事が発表された。今期なもう捨てたのだろうか。ミラン自体がどうなることやら状態の中で、本田のプレーはますます関心が高くなる。

そういえば先日、「今朝のNHKのトップニュースはサッカー本田選手のイタリアのミランでの活躍の様子です。始めから12分間がそのニュースです。サッカー人気もあるのかもしれないが、トップニュースで12分間もやることなのか。これでは国民が馬鹿になります」と、ある都知事候補がツイートした様だ。本田のデビュー戦の事だが、東京オリンピックの成功を目指す都知事候補としては、何とも度量のせまい見解である。芸能人のゴシップを流したわけではないのだから、世界で活躍するスポーツ選手がトップニュースになってもいい。経済大国である日本は、そういう文化の国でもあるべきだ。

それに、本田のゴールのお陰で今日は朝から気分が良い日になった。仕事という経済活動も意欲的になる。おそらく僕みたいな人は結構いるわけだから、国民が馬鹿になるわけがないではないか、と思うのだ。
【珍蔵】





にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ  

 
スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。