HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  サッカー  »  【W杯・対戦国のお話 ~ギリシャ編】 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【W杯・対戦国のお話 ~ギリシャ編】

W杯のグループリーグで日本が唯一勝ち点を期待している対戦国がギリシャである。勿論、ギリシャも同じことを考えているだろう。

ところで、ギリシャと言えば2012年のユーロ危機を思い出す。EUにおいてその傷はいまだに癒ていない。
2009年10月にパパンドレウ政権が成立するまで、ギリシャの累積財政赤字は隠蔽されていた。更にギリシャは財政赤字対GDP比3%以下というユーロ加盟の条件をクリアするため、加盟前年の2000年の財政赤字を虚偽報告していたとされている。要するにギリシャという国は、2009年までEU諸国を騙してユーロ圏に入り、「いやだなあ、うたぐったりして。僕は全然大丈夫ですよ(笑)」と嘘を言い続けてきたわけである。

これに端を発した2012年のユーロ危機は、勝手に自滅するなら「そりゃギリシャ人の国民性だよね~」と笑って見ていられたが、ギリシャがデフォルトになれば世界経済に大きな影響を与えてしまうから問題は大きかった。対岸の火事で済む問題ではなかったのだ。

そんな状況の中、UEFA EURO 2012 の大会でギリシャはベスト8に勝ち残り、準々決勝で何とドイツと当たったのだ。

当時、ギリシャの放漫財政のツケを払っていたドイツ政府やドイツ国民は怒り心頭。よって、BSの世界ニュースやCNN、BBCでも「ギリシャ対ドイツ」のサッカー試合を経済問題に引っ掛けて取り上げていたほど、世界中が注目した試合だった。今ドイツとギリシャが戦ったら、ドイツサポーターからギリシャは大ブーイングだろうな、と皆が思っていたが、まさかユーロ2012で現実に当たるとは思ってもいなかった。

この試合では、終始ドイツが圧倒的に攻めていた。まあ予想通りなのだが、何故かドイツの選手達が猛烈に怒っているようにも見えてしまった。

ボールポゼションは7割ぐらいはドイツだっただろうか。前半は攻めても攻めてもなかなか点が入らず、嫌なムードが漂い始めた。こうなってくるとギリシャペースだ。そう思って見ていたら、前半の終盤に素晴らしいミドルシュートが決まり、ドイツが先制。これでドイツペースになるかと思いきや、中盤でボールを奪ったギリシャが速攻。たった2人であっという間に同点にしてしまった。この速攻は圧巻だった。やっぱりここまで上がってきたのは伊達じゃない、と思ったものだ。

しかし、後半ドイツが2点目を入れるとギリシャは集中力を切らしてしまったようだ。やっぱりラテン系なのだろうか。結局4-2でドイツが勝利した。

ところで、ギリシャがサッカー史上に残した大きな足跡は、何といっても2004年のユーロ大会優勝だろう。あの時の堅守をベースにしたスタイルは、10年経った今も全く変わっていない。とにかく、相手に攻め込まれるのは当たり前。守って守って守り抜いて、隙あらばボールを奪い、少ない手数で一気に相手陣内に攻め込み点を取る。笑えるほど単純だが、ハマれば見事なサッカーだ。

「ラテン系の気質が熱さよりも怠惰に現れている」と言われているギリシャ人だが、何故サッカーに見られるようなしたたかな行動が経済にも反映できないのだろう。エーゲ海の青い空と古代遺跡が織りなす風景の美しさが、何かを惑わしているとしか思えない。

過程はどうあれ、結果だけはしっかり持って行くというギリシャ・サッカーは相当手強いだろう。日本と対戦した場合、ボールポゼションで日本がかなり上回るのは間違いない。しかし、我々はそういう試合で攻めあぐね、カウンターをくらって負けた日本代表を何度も見て来ている。得意の日本の負けパターンでもある。

ギリシャはアジアレベルより遥か上位にあるチームだが、その堅守を日本はどうやって崩すのだろうか。見どころ満載の試合である。【珍蔵】


にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ  

 
スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。