FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  政治経済  »  『人手不足が深刻になりつつある日本経済』というお話 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『人手不足が深刻になりつつある日本経済』というお話

★珍蔵:
人手不足が深刻な事態だ。建設関係だけかと思ったが、どうやら全般的に広がりを見せている様だ。

実は、うちの女性所員が結婚で辞めるので代わりを募集しているのだが、全く応募がない。こんな事は20年事務所をやってきて初めてだ。応募を出しているサイトの設計事務所の求人社数をみると、なんと150社もあった!いつもは20社ぐらいなのに。これでは来ないのも納得だ。

■万吉:
そういえば、日経にも「景気回復に伴う人手不足が日本経済の波乱要因になってきた」という記事が出ていたな。景気下支えを狙う公共工事は遅れが目立っていて、保育所建設が遅れ子育て中の家庭の生活設計に影響を与えたり、バスやトラックの運転手不足でヒトやモノの流れが滞るケースも出ている様だ。政府は外国人活用も視野に入れるが、どうやら妙案は今のところ無いという話だな。

★珍蔵:
やはり背景にあるのは建築や土木工事の人手不足だろう。人手不足は建設費の高騰をも招いている。公共工事にも当然遅れや予算オーバーが続出だ。

岩手県内では昨年4~12月までの工事入札のうち40%が不調に終わった。政府は公共工事の価格を引き上げ現場で働く人の賃金を増やせるようにしたが、そんなことをしても人材が集まる保証はないという悪循環だよ。

■万吉:
マクロ的に見れば求人と求職がほぼ均衡している状態の様だが、建設、運送、保育・介護などの現場の人手不足は信じがたいほど深刻になっている。有効求人倍率が人手不足を意味する1倍以上になったのは、全59職種中30職種と半分を超えたと出ていた。

★珍蔵:
雇用が増え、賃金が上がるのは結構なことだが、労働力人口の減少が加速するなかで、成長のボトルネックにもなりかねないな。しかし、何処かに労働者が余っている所がありそうな気がするが。

■万吉:
相変わらずコンビニバイトになるのにすら、面接を通るのもけっこう大変だというから、雇用のミスマッチは深刻だな。

確かに必要な人材が必要なところにうまく供給されないと思う。大手企業や財団法人や特殊法人では、特に仕事のない組織内失業者がゴロゴロしている。経済サイクルがこれだけ激しい時代に労働力は効率の悪いところに固着されてしまい、経済全体からみたら多大なロスを生じている。

雇用の流動化が重要なのだが、それをするには解雇規定を激しく緩和する必要がある。そうなると政治のイッシューとなるからなかなか進まない。困ったものだ。



↓クリックお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ    
スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。