HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  ゴシップ  »  森元首相による浅田真央選手への暴言 【日本の古い政治家は品が無さ過ぎる】 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森元首相による浅田真央選手への暴言 【日本の古い政治家は品が無さ過ぎる】

★珍蔵:
浅田真央の最終演技は素晴らしかった。ところで、浅田真央についてについて「大事なときには必ず転ぶ」などと森喜朗元首相が発言したことが話題になっていた。何故こういう人物が東京オリンピックのトップにいるのか不思議だな。

■万吉:
発言の場所とか状況がどうなっているのか、興味も持てないので全然知らないのだが、また文脈に関係なく、一部の発言を切り取られてフレームアップされたのではないのだろうか。

★珍蔵:
文脈からすると浅田真央を擁護していた発言だった。問題は例え親しみを込めた言い方でも、そういう事を言うとどういった反応が返ってくるかの想像力が欠如している事だ。政治家というのはどうしてこういう失言をするのかね。しかもオリンピック実行委員会だか何だかの長だろ。「おまえが滑って見ろ!」と言いたくなるよ。

■万吉:
政治家は自分の選挙区のありとあらゆる集会に小まめに顔を出して、名前と顔を売り込まなければならない。これは単に集票の為だけではなく、選挙民と直接接触することで国民の生の考え方と感情を知ることが出来、政治活動に反映させることが期待できる。特に地方を地盤としていると格好いい正論ばかり言っていても、「あの先生は理屈ばかりで冷たい。人間味に欠ける」という事になってしまう。

時と場合に応じて、田舎の飲んだくれオヤジどもと調子を合わせる必要も出てくる。石川県の田舎を地盤としている森さんは、そういう意味でサービス精神が旺盛な人だから、色々「失言」も出てしまうのだろう。

森さんは時頭が非常に優れていると政界では評価されている。情にもあついとされている。さすがに今回ばかりは日本中が真央ちゃんかわいそうムード一色の中で脇が甘いと批判されるのも当然の「大失言」だがな。

何しろ浅田は子どものころから注目されているので、皆身内をバカにされたように感じたろうから。


★珍蔵:
しかし発言に品がなさすぎる。まだ競技が終わっていない段階だったのに、日本のオリンピック関係者のトップといえる森さんが選手や協会の戦術について、辛辣な上から目線の意見を言う。日本の古い政治家はみな品が無い。

■万吉:
日本の政治家というのは、日本人の中でも特殊な種族でレベルか高いとはいえない。2世やテレビタレントが主な供給源になっているからでやはり実質的に日本を支えているテクノクラートや専門家集団が気軽に政治の世界に出入りできるようなシステムが必要だと思う。

ともかく自民党の政治家はそうやって地元の人達と忌憚なく付き合う文化がある。しかし、民主党はあまり地元付き合いはせず、仲間内で空理空論を言い合ったり、それすらせずにひたすら歳費をため込んで蓄財に励むの議員も多い。支持を失うのも当然だな。




↓クリックお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ    
スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。