HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  サッカー  »  『今のところ日本では盛り上がりに欠けるブラジルW杯』というお話 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『今のところ日本では盛り上がりに欠けるブラジルW杯』というお話

か★珍蔵:
サッカー・ワールドカップブラジル大会の開幕まであと1カ月半に迫った。ブラジルでは試合会場の整備が追い込みを迎えているが、12会場のうち4会場がまだ完成していない様だ。周辺の道路や空港の整備も遅れ、関係者は気を揉む毎日だ。さらに、国民の「W杯開催支持率」も開幕が迫るにつれて下がっており、昨年のコンフェデ杯開催時に起こった反対デモは今も続き、当局は暴徒化防止に必死になっている。 反対デモは1000人規模で、散発的に各地で起きている。このままW杯本番に突入し、ブラジル代表が優勝できなかった場合は、デモの暴徒化も懸念されている。工事完了以上に、図らずも代表の優勝が至上命令になった。

■万吉:
よく考えてみたら、ヨーロッパ貴族と先進国の広告会社が儲かるだけじゃないか、という気持ちが出ているのではないだろうか。貧困にあえぐ人々のほうが先進資本主義の構造の矛盾に敏感だからな。

★珍蔵:
確かに、今月8日に公表された最新の世論調査では、W杯開催に「賛成」が48%、「反対」が41%となり、初めて賛成が50%を割り込み、関係者に衝撃を与えた様だ。国民の大半が無類のサッカー好きという国柄だが、多くが経済的苦境にあり、豪華なスタジアムをいくつも建てるより公共サービスの整備が先だろうというのが、反対派の言い分だ。

■万吉:
それでもさすがにブラジルはご当地だけあり賛成反対論争も含めて盛り上がっているようだが、日本ではかなり静かな気がする。前はもっと熱気があったような記憶があるのだが。構造不況のテレビ局が取材費をけちって、報道量が減っているなどの理由もあるのだろうか。テレビ黄金時代で湯水のようにカネを使えたころは何かと理屈をつけて、何ヵ月も前から必要もないのにレポーターと称する若い女性を引き連れ現地に乗り込み、使い放題カネを使ってアリバイ取材をしていたからな。

★珍蔵:
積極的にワールドカップを取り上げているのはNHKぐらいか。WOWOWも放映権の高騰で放映をやめてしまったから、あまりTVでも流れていない。何だかさびしい感じがするが、まあ開幕すれば否が応でも盛り上がってくるだろう。

■万吉:
日本が勝てば、だな。グループリーグを突破すれば、また訳も分からない盛り上がり方をするだろうね。まあ日本サッカー界にとっては良い事ではあるな。


こちらも宜しく→【勝手にサッカーマガジン】




にほんブログ村 サッカーブログ サッカー国際大会へ  

 
スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。