HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  雑談  »  『民放ラジオから野球中継が消える?』というお話 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『民放ラジオから野球中継が消える?』というお話



★珍蔵:
TBSラジオが2010年から土日のナイター中継を取りやめたなど、AMラジオの野球中継が減っている様だ。かつて1試合100万人とされたリスナーは今では40~50万人程度。加えてデーゲームの増加も要因になっている。昼間の番組は人気番組が多く、野球中継に割けないらしい。

■万吉:
しかし、その一方で阪神の大阪、日ハムの札幌、楽天の仙台、ソフトバンクの福岡は地域密着が現実化しつつある。そもそもキー局から地方へ中継するという考え自体がもう時代遅れだろう。

★珍蔵:
情報伝達システムのあり方が一極発信体制から多極相互発信へと劇的に変化したから、これは当然の結果だろうな。

■万吉:
昭和時代まで機能していた野球というスポーツと等号で結合してきた巨人というコンテンツとしての価値は、他のチームやスポーツやエンターテイメントと容易にアクセスできる様になった事で減価したということだろう。

★珍蔵:
まあ野球全体からみたら、巨人以外のチームに相対的に日が当たる事になるから望ましい。野球に関する流通情報量を巨人が9割以上占めるというのは、明らかに異常だからな。

■万吉:
幸いなことに人気が無くなったとはいえ、東京ドームの巨人戦はいつも満員だ。野球はこのまま優雅で緩やかな衰微というマニエリスムの段階に入っていくのではないかな。



↓クリックお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ  



スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。