FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  雑談  »  『進む電子ブック化』 というお話 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『進む電子ブック化』 というお話

★珍蔵:
出版大手KADOKAWAと動画配信大手ドワンゴが14日に経営統合を発表した。これは、日本企業がいよいよ世界のコンテンツ流通プラットフォームの主導権争いに本格参入することを意味する。特に電子ブックは加速するだろうな。電子化しないでも売れるのは、村上春樹先生だけになるのでは。

■万吉:
紙の本は好事家の嗜好品や贅沢品となっていくのだろうな。しばらく前まではイミダスという時事辞典のようなものがホワイトカラー的仕事には必携だったが今やなくなってしまった(ひっそりとあるのかもしれないが)。出版社は高級万年筆やブランド機械式時計などを参考にして紙の書籍の付加価値を高める努力をするべきだろう

★珍蔵:
Kindleを使っていてわかったが、もう少しパフォーマンスが良くないと電子ブックは調べ物にはまだ向かないな。どこに書いてあったのか探すのが大変。ページのめくりも遅いし。直感的に「この本のこの辺り」という調べ方が出来ないもどかしさがある。

■万吉:
きちんと読み込む必要のある専門書には、電子書籍は現在のところたしかに向かないと思うな。

ただし、青空文庫のヘビーリーディングにはものすごく使い勝手がよい。今は、鴎外漱石、芥川龍之介の文豪や、寺田寅彦とか新渡戸稲造など文庫からも姿を消しつつあるような人の著作が軒並み読める。海野りゅうぞうとか夢野久作など、戦前の大衆作家の作品などもたくさん読めるのはまさに福音だ。



↓クリックお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ  



スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。