FC2ブログ
HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト このエントリーをはてなブックマークに追加   »  未分類  »  『維新の党がついに分裂』というお話 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『維新の党がついに分裂』というお話

■万吉:
先週、橋下先生と石原慎太郎閣下がついに袂を分かったな。そもそも本質が全く異なる2人が同一の政治党派の共同代表でいるのが不自然極まりなかった。かたやコンプレックスをばねに、反骨と反射神経と頭のよさでのしあがってきた橋下と、20代前半でデビューして以降、時代の先端で脚光を浴びてきた湘南育ちで基本的には思索的な教養主義者である石原では、政治家にとって一番大事な国家観がかけ離れていた。分かれたほうがすっきりすると思う。

★珍蔵:
しかし小選挙区だと石原氏や維新が単独で延命していくのは難しいのではないか。風が止まれば急激に失速する。制度を導入した政治家からすらもよく言われることだが、中選挙区のほうが多様な価値観が共存できるので日本の政治風土には適合していたという事だと思うが。

それにしても、石原氏は疲れているように見える。最近ぐっと歳を取ったなあという感じだ。

■万吉:
石原慎太郎氏は健康オタク的なところがあり、色々な健康法を実践してそれについての本も書いている。伊豆の断食道場に定期的に入所している事は知られている。組織の下積みや中間管理職になった経験もなく、いつも威張っている人生なので、ストレスも累積していないのだろう。同じ長命遺伝子を持っていたはずの石原裕次郎は50代早々に世を去ってしまった。しかし裕次郎は常軌を逸した大酒飲みで、誰だかの回想によると昼過ぎに「喉がかわいた」と言ってスナックだかダイニングバーだかを強引に開けさせ、それから延々と飲み続け翌朝になってもまだ飲んでいたというから、健康を損なうのも致し方ないところがあったのだろう。

★珍蔵:
石原兄弟は父親を早くなくしてかなりの困窮家庭だった様だが、戦後の高度成長期と人生が重なっていたせいか、将来は常に良きものであるという、カラリとした明るさがある印象だ。政治家や芸能人にありがちな他者に対する僻みや怨念めいたところが感じられない所が、人気が長持ちした秘訣だろうね。

■万吉:
慎太郎氏は十分に活躍したのだから、これからは文学に、そしてご意見番として後衛に引いていくのが順当ではないのかな。



こちらも宜しく→勝手にサッカーマガジン


↓クリックお願いします
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ  



スポンサーサイト
Trackback
Trackback URL
プロフィール

urimasa

Author:urimasa
珍蔵:設計事務所経営。建築家。
サッカーファン。
(特にバルセロナFC)

万吉:元ジャーナリスト。投資家。
野球ファン。
(特に日ハムファイターズ)

只今【Soccer Journal】に参加中
http://soccer.livedoor.com/

スポンサー
最新記事
フリーエリア
カテゴリ
Web page translation
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。